スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏に沸く、アレ。

[ 2009/08/05 02:14 ]

銀だお(o'ω'o)

やっぱ今年も沸きました。




仕事帰り。
終電一本手前。
へろへろくたくた。

とぼとぼ家(駅から徒歩2分)歩いてたら
ぎぃ~。ぎぃ~。 と自転車のこぐ音。
銀の後ろを、ぎぃ~。ぎぃ~。
ヘロヘロほげほげ歩いてるのに、追い越さない。

変だ。

家なんてすぐついて、マンションなんでエレベータを呼ぶ。
そしたらその自転車が、マンションの手前で自転車をとめた。

変だ。変だ。

マンションの住人なら、住人以外には見えづらいけど、
マンションを入って奥に駐輪場がある。
そこを利用するはずだ。

変だ。

自転車の主は若い男だった。
芸大に通ってそうな、ひょろりとしている。
エレベータを降りてくるのを待つ間、ちょっと引き返して
マンションの集合ポストを覗くことにした。
そしたら男が前でソワソワしだした。
銀が後ろに立つ位置取りになったからだ。

銀はもうそこで、頭の警鐘がガンガン鳴り響いていた。

変だ。変だ。変だ。変だ!


とっさに携帯で、電話をかけた。
幸い相手はすぐ出てくれたので、しばらくでっち上げの話を続けた。
だけど、何を言っているのかも分からない。
意識はその男に集中していた。

電話をかけると同時にエレベータの扉が開いていた。
銀は、電話を続けるためにエレベータから離れた。
(絶対、男とは乗りたくない。本能がそういっていた。

やがて、後ろでエレベータの閉まる音がする。
ただ、動いている気配がない。
直接見ることが出来ないので、気配だけを感じ取る。

やがて。
エレベータの扉が開いた。
銀はまだケータイで会話中。
それとなく見てみると。

やっぱりあの男がでてきた。

そそくさとマンションの手前にとめた自転車に乗り、
そのまま去っていった。

普段から、部屋は10階でも
エレベータは11階で止めるようにしていたが、
今日は絶対忘れない。

仕事柄、夜は遅くなるし、
利便さを優先して、治安もそこまでよくない所に住んでいるので
それなりには覚悟はしていたが・・・。

あのまま、あの男と一緒に。
エレベータに乗っていたら。
銀はどうなっていたのだろうか?

ただの自意識過剰なのかもしれないけれどね。
用心に越したことはない。


結果:ケータイ万歳ヽ(´ー`)ノ



                               Written by ぎん。


まるでG様のようですね(・∀・)
[ 2009/08/05 04:16 ] [ 編集 ]
G様の方がまだマシかと・・・
何にせよ気をつけてね~(*;x;)
[ 2009/08/05 06:53 ] [ 編集 ]
> イオ しゃん
 G様も嫌だけど、人間も嫌にゃ~~~~。゚(゚´Д`゚)゚。

> のん しゃん
 まぁ仕事がら遅くなるし、
 こういうちょっとした対策の積み重ねをするしかないんだよねぇ・・・(ノω;`)
 ノンたんも気をつけてね!


 夜道のピンヒールに!


[ 2009/08/06 23:36 ] [ 編集 ]
|д゚)イイオンナミーツケタ

ヽ( ・∀・)ノ┌┛←ピンヒールΣ(ノ `Д´)ノ
[ 2009/08/07 16:35 ] [ 編集 ]
ハッキリ言って
自意識過剰であっても、身の安全が第一だね(´・ω・`)
おかしなヤツが多い世の中だから、怖いよね。

やっぱ、済んでるところの治安は、大事な要素だよ~
[ 2009/08/08 02:08 ] [ 編集 ]
> ちゃっそん
  もぅ・・・そんなにピンヒールが欲しいならハヤクいってよ^q^

> みち しゃん
  治安は大事だね(´・ω・`)
  アレ以来、あんまり残業させてくれないのは
  いいのか悪いのか・・・

  
[ 2009/08/08 03:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

† プロフィール †

SilverRose†

Author:SilverRose†
オンラインゲーム
 【 cabal 】
のブログです。
†王族の庭城†
 ギルドが
参加しています。

† 最新画像 †
† カレンダー †
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
† 検索フォーム †


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。